スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 遠回りをして迷って | main | 近況 >>

順番違いの恋を抱いたのは 君が電話で僕に 「疲れているの?」と 突然問いかけた日

前回の日記に誤字が多すぎてびっくりした
気合入れないと

最近聴いてなかったのでまっきー(槇原敬之)を久々に聴いている
知らない人がいるのかわからんが、僕の音楽の一番最初のルーツはまっき―なのです
2006年くらいまでのアルバムは全部持ってるくらいは好きです

僕は、いわゆるJ-POPでいうとまっきーと小林武史がとにかく好きなんですがね
最近いろいろポップスを作る際のオケの作り方とかを考えていて、
小林武史はなぜ好きかというと、ちゃんとバンドサウンドというかバンドっぽいんよな、骨格が と思っていたんですが
こうやって聴いていると、まっきーはわざわざ生っぽくしないというか、宅録感というか、それをあえて消そうともせずやろうとしているというか
ていうか、歌と曲の力が強すぎて、それだけでどうにでもなるという(笑
あと、今気付いたけど、俺の宅録音源のリバーブが強めなのは絶対まっきーのせいや(笑

やっぱり、何年の間何度聴いてもいろいろと考えさせられることがありますな、好きな音楽というのは
まあ、結局まっき―の音は時代の音という気もするが
まあ、まっきーは元がシンセの人やからなあ

やはり、音楽や本なんかに人格が作られるということもあるやろうし
恋愛に関する何らかの感情が起こった時に、俺はすぐに「まっきーのあの曲の感じや」と思ってしまう
おれのロマンティシズムはすべてまっきーに作られたんやなと、改めて感じる
ザ・ラブソングっていうか、恋愛についてしか歌ってない歌に共感することなんてまっきー以外ではないな
タイトルの歌詞とか、すごくないですか?
別に伝わらんくてもええけどさ(笑

まあ、ライフソングに移行してからのまっき―はあんまり聴いてないんやけど…歌詞が好きではなくて
要するに、個人的な事柄を歌っていた部分が少なからず感動に影響していたのだろうか
押しつけがましくなかったというか
兄が以前ポップスの歌詞について二人で話していた時「今は『僕と君』ではなく『僕ら』の時代なんやな」って話をしてたが

文章にしてみると少し考えが整理されてええですな
いやあ、考えるきっかけになるし、勉強になるな

やっぱり趣味が時代についていけてないからなかなか上手くいかんのやな

音楽を作る人間はいろいろ考えているんですよという話(笑
| - | 21:28 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 21:28 | - | - | - | - |
Comment
宮城さん、こんばんは(*^^*)
マッキーいいですね〜(*´∀`)
私も昔は、カラオケでよく歌ってました。
(^w^)
宮城さんに聞きたい事があるんだけど、またお会いした時にしますね!(о´∀`о)
2015/06/24 12:26 AM, from makiko
はい、今年もtonight〜で!(笑
2015/06/27 2:59 PM, from みやぎ









Trackback
url: http://lackluster3p.jugem.jp/trackback/407

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
バンドのホームページ
こちら
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM